エルメス(HERMES) オアジスサンダルの査定ポイント

こんにちは。バイヤーの木原です。
今回はブランドゥールでお買取りさせていただいた「エルメス(HERMES) オアジスサンダル」の査定ポイントについてご紹介させていただきます。

エルメス(HERMES)を買取させていただきました

 


ブランド:エルメス(HERMES)
アイテム:オアジスサンダル

査定日:2019年6月
買取価格:¥31,050

買取のポイント

 
HERMESのHがモチーフのサンダルです!

大人の洗練されたカジュアルスタイルをつくってくれるのが魅力。
さっとひと履きでき、低めのヒールで履き心地も◎くつろぎの中にあるラグジュリーとはまさにこのこと。
日常使いできる適度なリラックス感に大人の余裕を感じますね。

エルメス(HERMES)について


エルメスは、1837年にティエリ・エルメスがパリに高級馬具工房を開業したことが始まりでした。
後に、ナポレオンIII世帝やロシア皇帝を顧客として発展した事からも、このブランドの老舗としての長い歴史が垣間見えます。
自動車産業の躍進・馬車文化の衰退といった時代背景に伴い、その上質な皮革を使用した鞄や財布などをつくり出す皮革製品事業に転身。
そして今では世界に名を残す有名ブランドとなったのです。

エルメス(HERMES)の代表的アイテム

【バーキン】
バーキン(Birkin)は、1984年、エルメスの社長が乗る飛行機で偶然に隣り合わせになった、イギリス出身の女性シンガー ジェーン・バーキンの名前から名付けられました。
荷物が多い彼女が、あらゆるものを籐のカゴバッグに詰め込んでいる姿を見た社長は、なんでも入るバッグをプレゼントすると、申し出たことで誕生して以来、多くの人から愛され続けるバッグになりました。

▼ 【ケリー】
故モナコ公妃ののグレース・ケリーはパパラッチからカメラを向けられた際、妊娠中であることを隠すため持っていたバッグでとっさに隠しました。
その時このバッグの名前は「サック・ア・クロア」と呼ばれていましたが、その写真が雑誌に掲載されて世界的に有名になり、これを機にエルメスはモナコ公国の許可を得てサック・ア・クロアをグレース・ケリーにちなみ「ケリーバッグ」に改称しました。

▼ ボリード
1923年に世界で初めてファスナー付き革製バッグとして誕生した革命的な存在ともいえるボリード(Bolide)は、女性らしいフォルムデザインが魅力のバッグです。
「ボリード」の名前はフランスのレーシングカーが由来となっています。

▼ スカーフ・カレ
素材であるシルクを精選し、デザインや製造工程は熟考し、長く愛用されるスカーフを目指しているエルメス。
1つのデザインを企画・製造・販売するまで約2年、デザインによってはさらに長期間かかるそうで、優れた品質、芸術性の高いデザインが多くの人を魅了しています。


出典:http://picdeer.com/

エルメス(HERMES)買取実績

▼エルメス(HERMES)買取実績はこちらからご確認いただけます
https://branduru.jp/brand/hermes/

あなたにおすすめの記事

バイヤー紹介

Maeda

前田

好きなブランド

レッドヴァレンティノ / ラドロー / サカイ / タロウホリウチ / ミキオサカベ / キューポット / ピンクハウス / スレトシス

趣味

音楽鑑賞
雑貨ハンドメイド
本屋に入り浸る
SNSでファッション情報を収集すること
可愛いポップアップストアに出没すること

メッセージ

ブランドゥールのバイヤーならではのオシャレでとっておきの情報を発信していきます!

Saito

齋藤

好きなブランド

アパルトモン / トゥモローランド / ROKU / フミカウチダ

趣味

ランニング。笑

メッセージ

是非渋谷店までお買取お待ちしております♪

Kihara

木原

好きなブランド

アーツ&サイエンス、エンダースキーマ、スタジオ ニコルソン

趣味

メッセージ

tan

好きなブランド

UNDER COVER

趣味

買物
ジム通いを始めようと思っています!

メッセージ

ためになる記事をお届けします!

Twitterで
お得な情報をお届けします!

「フォロー」を
宜しくお願いします!

@brandurublogさんを
フォロー

女性のためのブランド買取専門店
Branduruのウェブサイトはこちら

女性のためのブランド買取